2006年04月04日

ROCK FUJIYAMA第1回感想。

 まず一言。

 お帰り!ヘビメタさん!!

 我々はこのときを待っていたのです!

 新たにタイトルも変わり、心機一転。

 第1回もノリノリでした〜♪




 いやぁ、マジで始まりましたね〜!
正直前に書いた記事の時には俄かには信じられませんでしたがw

 ということで第1回。

 タイトルは変わっても、内容はヘビメタさんと変わらなかった
ところが良かったですね♪
まぁあと変わったところはスタジオがLAになったことでしょうかw
何気にあの外国人スタッフが笑えるww
なんとまあよく出来た設定です!(え!?

 さて、第1回のゲストは大友康平さん。

 もうこの人、存在がロックしてますね〜!
すげーカッコよかったです。

 そんな大友康平さんの鼻歌を聴いて、ギターでその曲を聴く
コーナー。

 癒しのロック企画

 「ハナウタ湯」

 大友さんのこだわり具合が凄かった!
てか今回そんなのばっかだったように思いますがww

 「You Really Got Me」

 といえばヴァン・へイレンしか浮かばないですよ、普通w


 続いては一番のお楽しみ♪

 「マーティの

 ロック・ミーツ・ザ・ライジングサン!」(な、長いw


 マーティ曰く、日本の曲はすべてロックなんだとw
まぁヘビメタさんの時からすると若干幅を広げてきましたね〜♪
でもやってることは同じw
今回はどんなカッコイイアレンジを見せてくれるのか!

 第1回目は山口百恵の名曲。

 「いい日旅立ち」がお題でした。


 この曲とレッド・ツェッペリンの名曲、

 「Stairway to Heaven」

 を見事に調和させようというわけですね!

 ってことで、天国への階段キタ!

 もうマーティは何を弾いてもカッコイイです!

 もうお見事であります!!/(゜Д゜)

ROLLY氏のギターも冴えまくっていましたね〜♪

 やはり今回も一番楽しみなコーナーになりました!



 さてさて、最後は、


 「ロック語講座」


 今回は第一回ということで、ライブに行ったら言ってみよう
的なフレーズでした。


 「HELL YAEH!」


 これ、意味は「サイコー!」ってことです。
何か物騒に聞こえがちですが、そんな「HELL」も
意味としては「クソ暑ち〜」の「クソ」のほうとのこと。

 う〜ん、分かりやすいですね〜!?

 このコーナーはしばらくレギュラーで続けて欲しい気がします。
いろいろ学ばせておくれ〜♪




 ってことで、第一回でした。
さて、今まで触れてきませんでしたが何気に気になるあの忍者w
あんなちょい役でいいんでしょうかw

 まぁまたマーティの超絶ギタープレイを拝めるのでいいんですが。
 (いいんかい!w

 
 前回に増して楽しみなROCK FUJIYAMA!
来週も期待しちゃっていいですか?

 ってことでこの辺で失礼しますm(_ _)m
 
 
posted by コゥ at 17:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヘビメタさん感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16125881
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。