2006年06月06日

ROCK FUJIYAMA第10回感想。

 久々のROCK FUJIYAMA感想です。
都合が悪くて見れなかった回もありましたが、
今回も、相も変わらずHELL YEAH!!な内容。

 ということで今回のゲストは青田典子さん。


 バブルキタ!!




 さて今回の見所は何と言っても

 TOTOとMEGADETHの共演!

 かなり熱かったDEATH!(>ヮ<)

 TOTOのスティーブ・ルカサーが初めに登場したときは
まぁちょこっと話す程度だろうと思っていたんですが、
まさかギターで共演するとわ・・・


 素晴らし杉〜ヽ(´∇`)ノ


 ということで「マーティの部屋」

 マーティがTOTOの
「Hold The Line」をリードで弾けば、
スティーブ・ルカサーもMEGADETHの
「Holy Wars」をガッツリ弾いちゃうし!!

 なんといってもスティーブ・ルカサーが凄い!
もうナンじゃそりゃ!?ってくらい弾き倒してますw
普段のROCK FUJIYAMAでもマーティはあそこまで弾かんぞ
ってくらいにライトハンドでドッカンドッカン!!

 いやぁ堪能した〜♪


 そして続いては例によって
「マーティのロック・ミーツ・ザ・ライジングサン」
 
 今回は誰もが知るあの曲。
 
 はまぎ〜ぃ ご〜ぉえ〜ぇ♪


ってことで、

「天城越え」
(分かりづらいかw)


 どう聞いても演歌だというのにマーティ、

 「ちゃうわちゃうわちゃうわ」

となぜか関西弁で否定入りますw
じゃあその心をみせてもらおうぢゃないか〜!ヽ(`⌒´)ノ

・・・・・・・・・



・・・・・・



・・・




 参りましたm(_ _)m



 今回も凄かったですね〜!
始めからハモリとわ、恐れ入りましたw
そしてツェッペリンの「Kashmir」に
クィーンの「We Are The Champion」!

 特に良かったのはやはりブレイク後のタメ!
「We Are The Champion」が終わったあとの
グッ!って感じのタメが肝でした〜♪



 さて最後はお馴染みのロック語講座。

今回のロック語は、

 「Screwed」

本来の意味は「ねじる」ということですが、
これは分かりやすいですね。
これがロック語になると

 「ヤヴァーい」

になるそうです。

 主に「I’m screwed!」と言うのがいいらしい。
忘れ物などしたときに使うのが一般的とかなんとか!?

 〆(゚▽゚*) メモメモ っと♪





************************



 ということで、今回のROCK FUJIYAMA、

 楽しかった〜\( ^o^ )/

どうやら来週もマーティの部屋の続きが見れるとのことなので
これまた楽しみDEATH!

 それにしても・・・


 バブル青田に全く触れなかったですねw
まぁ気にしないで下さい!?


 では今回はこの辺で・・・

posted by コゥ at 17:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | ヘビメタさん感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ROCK FUJIYAMA 第十回
Excerpt:  さぁ、大台に乗りました「ROCK FUJIYAMA」第10回! 今週は放送時間が 30分ずれて、危うく録画し損ないそうになりました。  うえ? オープニングで...
Weblog: 文車に燃ゆ恋文
Tracked: 2006-06-07 00:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。