2006年06月13日

ROCK FUJIYAMA第11回感想。

 W杯のショックも何もないように始まった 
今週のROCK FUJIYAMA。
テンション上がらないこんなときこそ


 ROCK FUJIYAMA!

 
 さて、今回のゲストはMCU。


 ラップ?



 


 今回のゲストさんは、


 誰か全く分からんとです・・・○| ̄|_


 とりあえずラッパーなんでしょうか??
まぁ分からないことに足を突っ込むなということで、
今週もHELL YEAH!なところを書いていきましょう。


 今週一番楽しみだったのは、先週からの続き。


 マーティの部屋!!

 今週も期待以上に弾きまくりでしたね〜!!
「ルカサーがシビれた! ロック名曲Best5」

これすべてがもう最高だったよ〜♪ヽ(´∇`)ノ
 Yesから始まり、ジミヘン、Free、Jeff Beck、
そしてビートルズ。

 ジミヘンはかなり熱かったです!
マーティも「大好き」なんて満面の笑みで言ってるしw
そしてJeff Beckもしっかり押さえてるなんて、
勉強熱心ですよね〜。
「あの音」はやはり凄く不思議ですね。
低音に向かって指を動かしてるのにピッチは上がっていく
なんて・・・。
確かにあの不思議さは学びたくなります。

 最後に弾いたビートルズはちょっとウケたw
あまりに楽しそうに弾くルカサーとマーティが
実に微笑ましかったですww
それにしても、ビートルズをあんなにギターの音を
歪ませて弾いてもそれなりにカッコイイのが驚きでしたw



 さて、次は毎度お馴染み
「マーティのロック・ミーツ・ザ・ライジングサン」

 今回のお題は

 「てんとう虫のサンバ」

 6月ネタということでしょうかw
今でもベタに歌われているのかな?

 まぁそんなことは置いといて、視聴感想。

 今回はお題よりも、

 メタリカに反応w

 「One」キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!

 もうタマランですよ!
「One」をバックにてんとう虫のサンバメロを弾いたときには

 こりゃメタルだ!!
と確かに思ってしまいましたw

 勿論アイアン・メイデンの「Hallowed Be Thy Name」で魅せた
ツインリードのハモリは相変わらずサイコーッ!!(>ヮ<)
もう普通にカッコイイですね〜。

 これからもハモリをバシバシ入れてもらいたいですね〜♪


 

 さてお次はロック語講座。

 今回のロック語は

 「Rush」

直訳すると「急ぐ」。
うん、これも馴染みある単語ですね。

 さてさて、これがロック語になると、


 「興奮してきた」


 これはなんとなくイメージできますね〜。
さて、肝心の使い方は、


 What a Rush!

なんか使い易そうですね♪ 〆(゚▽゚*) メモメモ っと。



 さて最後。

 Dragonforceって凄いねw


 では今週はこの辺で・・・

posted by コゥ at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(1) | ヘビメタさん感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ROCK FUJIYAMA 第十一回
Excerpt:  さぁ、今週も出遅れました「ROCK FUJIYAMA」第11回! オープニングでなんと、ロジャー・グローヴァーからのメッセージ! だんだん豪華になってきますね...
Weblog: 文車に燃ゆ恋文
Tracked: 2006-06-15 00:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。