2006年07月16日

機動戦士ガンダムSEED C.E73  STARGAZER VOL.1感想。

 皆さんもう見ましたか?
はい、こちら。
STAR GAZER

 
なんとか見ることができました〜♪

ってことで、早速感想など書いてみましょう。

本編視聴したい方は
バンダイチャンネル:機動戦士ガンダムSEED C.E.73-STARGAZER-へ。




 公式が重すぎ〜w
やっぱり何だかんだでSEED関連の人気はすごいっすね。
まぁSTARGAZERは監督のインタビュー記事が
カッコイイ発言を連発していたので、やっぱり気になって
しまったんですよね〜w


 さてそんなSTARGAZER。
実際見てみると、

 ヤヴァいよ、面白そうだよ!


 「面白そう」ってのはまだそんなに物語に動きがなかったため。
でも種デスと比べるまでもなく、

 物語に惹きこまれています。

 監督インタビュー記事にて、
「MSを弱く見せる、無敵に見せない」と仰ってましたが、
どういうことなのかを実際見せてもらうと、
なるほど納得しました。
SEED世界ではMSは超機械的な動きをすること、つまり
人間的な、しなやか且つ滑らかな動作によって動的な部分での
エンターテインメントを追求していたわけですが、
このSTARGAZERでは、インタビューでも書いてあったように
「兵器としてのガンダム」への回帰とでもいいましょうか、
とにかくMSの動きはかなりリアルな兵器としてしっかりと
描かれていました。
そして「無敵に見せない」という点も有言実行w
ここからちょっとネタバレにつき、反転。

 エドモンド・デュクロが乗る戦車が所属不明MS
に特攻して、ギリギリまで接近したところでの砲撃でMS撃沈。

 ここにようやく種で不満だった点が解消されたように思います。
要するに、手段によっては戦車でもMSを倒せるという現実感。
種、種デスではあくまで戦車などは移動の手段程度で基本やられ役
のような扱いだったわけで、戦場においてメインになることはなかった。
 
 そこにこのシーンですよ!
いや、もうマジでよくぞやってくれました!!

このシーンは本当に熱かったですね〜。
このシーンだけでも見ることをおススメしたい!!
ま、種、種デスでガンダムに初めて触れた方がどんな反応を
見せるのかは気になりますが。


反転終了です。

 さて物語はこれから動くってところで終わりましたが、
次回ではストライクノワールやブルデュエル、ヴェルデバスター、
そしてスターゲイザーの動きは見れるのかな?
やっぱりMSデザインは種の機体を使っていることもあり、
なんとも人間のような動きをするんじゃないか!?
と思ってしまうんですが、今回第1話を見たことでちょっと期待大♪
とりあえずメカっぽい動きでヨロシク!


 さて次回配信は8/18とか。
約一ヶ月ですが楽しみに待とうと思います!

 とにかくまだ見ていない方は是非見ることをおススメします。

では・・・。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20869007
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ガンダムSEEDスターゲイザー配信開始!
Excerpt: 久しぶりの更新になります・・・。ついに、ガンダムSEEDスターゲイザーが配信開始になりました。待ちに待ったという方も多いのではないでしょうか。
Weblog: 機動戦士ガンダムSEED スターゲイザー情報
Tracked: 2006-07-17 00:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。